3月の廃車が混むのはなぜ?

廃車とは

3月の廃車が多い理由

更新日:

3月廃車の大きな理由

3月に廃車をする大きな理由は自動車税に関係してます。

自動車税は毎年4月1日時点で自動車の所有者もしくは使用者に課税されます。

つまり、3月中に廃車手続き(抹消登録)が完了していれば、翌年度の課税はされないということなんです✨

逆に言うと、3月中に廃車が完了できずに、4月1日付の廃車になると、たとえ1日だけのずれであっても1年分課税されることになります。

もちろん、支払いは4月分だけで済みますが、たった1日でも過ぎてしまえば1か月分の額を納税しなければなりません…。

軽自動車なら、年度内で廃車に!

普通車の場合、自動車税に月割計算のシステムがありますが、軽自動車にはそのシステムがありません

つまり、たった1日だけのずれでも、1年分の自動車税を納税しなければならないということになるのです。
これってとても損な廃車ですよね?

【普通車の場合】

【軽自動車の場合】

なので特に軽自動車を廃車にするのであれば、3月がベストだといえますね。

しかし、自分で廃車にするにしても、手続きを行う軽自動車検査協会はあり得ないほど混みますし、業者にお願いするにしても混雑して、予約ができないなんてこともあります…。

だから、廃車にするのであれば早めに行うのが良いですね。

還付金の制度

自動車重量税と自賠責保険料は、基本的には車検を受ける時に、車検期間分の納税しています。

なので、車検期間が1カ月以上残っている状態で廃車を行うと、自賠責保険料と自動車重量税については、廃車をした翌月分からの過払い分が還付されます。

どちらも月割計算で還付金の額が計算されますよ。

残存期間によって還付金が決まるので、廃車をする時期によって還付金が変わることはないのです。

注意ポイント

車検期間の残りが1カ月未満の場合は廃車にしても還付金は受け取れません。

しいて言うなれば、年度末である3月に車検期限を迎えていれば、シーズン的にも廃車ベストシーズンです。

ただ、5月や6月に車検期限がくる場合は、自動車税の課税を考えるとむしろ3月に廃車をしてしまった方が良いかもしれませんね。

早めに廃車にすることで、僅かですが自賠責保険料や自動車重量税も還付されますよ✨

電話バナー

メールでのお問合せはコチラ


-廃車とは

今すぐ問い合わせる

Copyright© 廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜 , 2020 All Rights Reserved.