コペン

オートパーツ新居浜ではコペンの廃車中古パーツの問い合わせを受け付けています。

コペンの廃車問い合わせバナー

コペンのパーツ問い合わせバナー

メールでのお問合せはコチラ

コペンの歴史を見てみよう!

コペンはダイハツの予想外のヒットと言われています。
今ではダイハツのオープンカーといえば「コペン」のイメージの方も多いのではないでしょうか。

コペンという車名は、軽オープンから「KOPEN」と名づけられました。
後に、軽自動車のKをコンパクトカー(Conpact car)のCに変えて「Copen」に落ち着きました。

コペンロゴ

コペンには

  1. L880K型(2002-2012)
  2. LA400K型(2014- )

これらの型式があるんですよ。

初代コペン L880K型(2002-2012)

初代コペン
東京モーターショーに「KOPEN]として参考出展されたことをきっかけに、2002年にダイハツから発売されました。

2人乗りでスポーティなコペンですが、見た目はコロンとしていてかわいらしい印象もありますよね♪
それも理由か、女性が乗っているのもよく見かけますよね。

2代目コペン LA400K型(2014- )

2代目コペン
2014年にフルモデルチェンジされ、2代目が登場しました。

外装も内装も初代と比べるとかっこよくなった印象ですよね。

初代のかわいらしい顔とはまた違い、かっこよくいかつい顔のコペンもあるんですよ✨

コペンGR SPORTの前後

コペンの廃車問い合わせバナー

メールでのお問合せはコチラ

コペンの廃車どうする…?

  • フロントをがっつりぶつけてしまった…
  • 大雨の被害で水没してしまった…
  • オーバーヒートを起こしてしまった…
  • 20万キロ近くは知っていて0円査定だった…

なんて理由で廃車をお考えではありませんか?

オートパーツ新居浜では使用済み自動車(廃車)の買取を行っているんですよ✨
どんな車も0円以上買取可能なんです♪

廃車の引き取りってお金がかかる…?

廃車をするとなった場合ほとんどの方が家や保管場所まで、引き取りに来てもらいますよね?

多くの場合その際、1万円~2万円程度費用が必要となります。
遠方の場合だと出張費、レッカーが必要な場合だとレッカー代と後から請求されることも少なくありません!

しかし弊社では、四国全域どこへでも無料で伺います✨
もちろん、出張費やレッカー代がかかることもないんです!

日頃から引き取りで四国中を駆け回っている弊社だからできるサービスなんですよ☆

抹消手続きどうしよう…?

書対を揃えて平日の昼間に窓口へ行って、不備があればまた窓口へ…。
自分でしようと思うととーっても面倒

参考 軽自動車の廃車手続きについて

業者に代行を依頼するとなれば、1万円~2万円ほどの費用がかかってしまうんです。

オートパーツ新居浜では、そんな抹消手続きの代行無料でしているんですよ✨

必要な書類はお調べしてご案内します。
書類を揃えていただければ後は全てお任せいただいて大丈夫なんです☆

ポイント

県外ナンバー、名義が親族や法人、輸入車、外車なんかも追加料金はもちろんありません!

コペンの廃車問い合わせバナー

メールでのお問合せはコチラ

コペンの修理に弊社のパーツ!

  • サイドミラーをこすってしまった…
  • エンジンのかかりが悪い…
  • エアコンの調子が悪い…
  • バンパーがへこんでしまった…

などの理由でコペンの修理をお考えではありませんか?
車の修理にはリサイクルパーツリビルト部品を使うのがおトクですよ!

弊社で買取った車のほとんどが解体車両になります。
もう一度部品として使用可能かを細かく点検して、まだ使えるパーツは中古パーツとしてリユースしているんです✨

車の修理で一番コストが掛かるのは何か知っていますか??
実は…部品代なんです!

中古部品といっても、ボロボロの商品ばかりではありませんし、弊社で取り扱っているパーツは厳しい品質チェックをクリアしたものだけなんですよ♪
高い新品を使うより、良品の中古で修理するほうが部品代を抑えることができるんです!
つまり、修理費用が安く済むということですね☆

四国中央市で廃車買取したコペンの画像

ダイハツ・コペンの事故車買取!【四国中央市の廃車】 

愛媛県四国中央市妻鳥町にて現行のコペン・LA400Kの事故車を買い取りしました。 フロントの衝突でしたが、何とかタイヤが転がったので、スムーズに引取できました。 買取りしたコペンの車輌情報 メーカー ...

今すぐ問い合わせる

Copyright© 廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜 , 2019 All Rights Reserved.