コペン 廃車の買取事例 愛媛県の廃車買取

ダイハツ・コペンの事故車買取!【四国中央市の廃車】 

更新日:

愛媛県四国中央市妻鳥町にて現行のコペン・LA400Kの事故車を買い取りしました。
フロントの衝突でしたが、何とかタイヤが転がったので、スムーズに引取できました。

四国中央市で廃車買取したコペンの画像

買取りしたコペンの車輌情報

メーカー :DAIHATSU ダイハツ
車名   :COPEN コペン
型式   :DBA-LA400K
年式   :2016年式 (平成28年)
グレード :ROBE
エンジン :KFVE
走行距離 :5000km
外装色  :レッド (カラーコード:R70)
内装色  :グレー (トリムコード:FP51)
仕様等  :ツードア オープンカー 5速マニュアル 2WD

ダイハツ・コペンの歴史

  • 初代   L880K (平成14~平成24)
  • 2代目 LA400K (平成26~)

名前の由来は<軽オープン>から で、 そこから軽をコンパクトカーのに変更されて、
“COPEN”になったそうですよ☆

あまり街乗りでは見かけない車輌の様に思いますが
スポーティーな感じなのに、丸くてコロンとした外観は人気で
セカンドカーとして乗っている方もいるくらいなんですよ☆

この見た目は軽自動車ならではという感じですね。

ダイハツ・コペンの参考画像

ダイハツ・コペン LA400K型

オシャレで、まさにワンダフルスモール♪

新しめの事故車、高年式の事故車の買取り、大歓迎です!!

新車を購入して大切に乗っていても
思わぬ事故に遭遇してしまう事があります。

ちょこっとぶつけたくらいなら修理しますが
今回引き取ったコペンの様に、
フロントをガッツリぶつけてしまった場合
修理費も高額になってしまいます。。。

新品部品を使って修理した場合
部品代だけでも20万円は超えてしまいます。
そこに工賃などをプラスすると大変な金額になりますよね。

それに、後に中古車両として売ろうとした時に
修理暦があると、査定額がかなり下がったり
業者によっては金額が付かない場合も有ります。

しかし、オートパーツ新居浜は、廃車買取り専門業者ですので
この様な事故車でも買取り可能です!!
ちなみに今回のコペンは概算修理費より
かなり高い金額で買取りさせていただきましたよ♪

 

事故車が買取りできる理由は!?

弊社で引き取りした車はほとんどが解体車両になります。

まずは、もう一度部品として使用可能を細かく点検して、
利用可能なものは中古パーツとしてリユースします。

次に、中古パーツにできなかった部品は、
種類ごとに細かく分解し資源としてリサイクルにまわします。

買取したコペンは、フロントは大破していたものの
サイドやリヤはとても状態がよく
電装関係も中古パーツとして部品取りができました。

車の中古パーツを使うメリット

この中古パーツのメリットって知ってますか?
例えば、今回のコペンを新品の部品で修理する場合

  • フロントバンパー 約52,000円
  • フロントグリル  約10,000円
  • ヘッドライト   約45,000~70,000x右左

同じコペンでもグレードや年式によって
部品価格は変わってきますが
最低でも15万は掛かります。

これに細かな部品を買い足したり、工賃を合わせると
かなりの金額になりますね。
このような時こそ中古パーツの出番です!
中古部品を使えば、
この部品代金をかなり抑えることができます☆

車の修理で一番コストが掛かるのが“部品代”なのです。
中古部品といっても、ボロボロの商品ばかりではなく
良品な物も多数あります。
色が同じならそのまま使える物も少なくありません。

最近では、高い新品を使うより、
良品の中古で修理する方も増えています♪

中古パーツを使う方が増えているから
当社も高く買いとれるんです!

四国中央市で事故車買取となったコペンの画像

廃車か修理か悩んだら、
とりあえず問い合わせてみてください☆
中古パーツを見つけることも可能!
廃車として買取査定する事も可能!
どちらでもお気軽にご相談くださいね。
お電話お待ちしてまーす。

-コペン, 廃車の買取事例, 愛媛県の廃車買取
-,

今すぐ問い合わせる

Copyright© 廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜 , 2019 All Rights Reserved.