アルファード 廃車の買取事例 愛媛県の廃車買取

トヨタ・アルファードを廃車買取り!【愛媛県西条市の廃車】

更新日:

愛媛県西条市にてTOYOTAのアルファード・MNH10と買い取りました。
走行が20万キロを超えており、中古車販売店では売れなかったようです。
車輌の状態によって査定額は変わりますが、
今回のアルファードは10万円以上の高値で買いとりさせて頂きました。

西条市で廃車買取したアルファードの画像

 

買い取りしたアルファード詳細

メーカー   :TOYOTA トヨタ
車名     :ALPHARD アルファード
型式     :TA-MNH10W
年式     :2002年式 (平成14年)
グレード   :MZ
排気量    :3000cc
エンジン   :1MZFE
走行距離   :206000km
外装色    :ホワイトパールマイカ
カラーコード  :042
トリムコード  :LA07
仕様等  :2WD 4AT(4速オートマ) 電動式バックドア

アルファードってどんな車?

  • 初代  H1系 (平成14年~平成20年)
  • 2代目 H2系 (平成20年~平成27年)
  • 3代目 H3系 (平成27年~     )

トヨタの高級ミニバンのアルファード。
姉妹車としてヴェルファイアがありますね。

現在のトヨタのミニバンで最高級クラスの車輌ということで
外装の存在感はもちろん、内装もかなり豪華ですね。
乗り心地が満足☆☆☆という口コミも多数見かけます。

今回引きとりしたのは初代のアルファードです。
多走行のお車でしたが、車輌状態も良く
とても大切に乗っていたのが分かりますね。

引き取ったアルファードのその後は?

弊社で引きとりした車輌は
ほとんどが部品取り車輌になります。

  • 外装部品は傷の具合や修復歴が無いか等を確認
  • 電装部品は、破損は無いか、正常に稼動するのかを確認
  • 足元の部品は曲がりや破損が無いか等を確認

それぞれの部品を細かくチェックして、
再利用可能なものは
リユース部品として再利用します。

西条市で廃車買取したアルファードの後ろ画像

中古部品として使用できないものは
素材ごとに分類してリサイクルします。

中古部品にできなかったものについて

車は様々な資源を使って作られます。

鉄・非金属類・プラスチック・ガラスなどは粉砕して
新しい商品へと生まれ変わります。

オイル・バッテリー・エアバック・フロンガス・タイヤは
決められた処理方法で適正に処理します。

<リサイクル>

車のリサイクルの流れ参考図

車のリサイクル

引き取ったアルファードのリユース状況

今回のアルファードは

  • 外装はフェンダーやドアミラー
  • ランプ類はリヤフィニッシャー
  • エンジン関係はマフラー
  • 電装部品はバックドアのパワーモーター など

様々な部品が中古部品となり
全国のお客様の元へ送られます。

問合せを頂いたときに
『○○年のアルファードだったらどれも同じでしょ?』
と言われることがあります。

しかし、H1系のアルファードでも
年式やグレードで部品が変わっていたりもします

例えば、リヤフィニッシャーという部品。
バックドアに付いているテールですね。
こちらの部品は

  • 平成17/4でマイナーチェンジしている。
  • エアロ系かスタンダード系で違う。
  • 一般地仕様か寒冷地仕様で違う。

<テール比較>

アルファードのテールライト比較画像

アルファード テールライト比較

パッと見た感じは良く似ていますが
前期(17/4より前)だけでも4種類有ります。

弊社は部品探しのプロです☆
お客様の車輌情報からピッタリの部品をお探しします。
アルファードの中古部品をお探しでしたら
是非オートパーツ新居浜へお電話ください♪

なかなか出回っていない部品があったり
外装は、色が合えばそのまま付け替えできたりする事もあるので
修理費が安く済むかもしれませんよ。

愛媛県の廃車買取、
愛媛県での部品探し、
車のリサイクルに関してはお任せください。
お電話お待ちしてまーす♪

-アルファード, 廃車の買取事例, 愛媛県の廃車買取
-,

今すぐ問い合わせる

Copyright© 廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜 , 2019 All Rights Reserved.