廃車とは

車検が切れそうな車どうする?

投稿日:

車を所持していると必ずしなければいけないことがあります。
それは車検です。

車検は入れてしまうと公道を走ることができなくなってしまいます。
もしも車検が切れた状態で公道を走ると、罰則を受けることになります…💦

車検の期間や費用、うっかり車検が切れてしまった時の対処法などをここでは一緒に見ていきましょう♪

そもそも車検とは?

自動車教習所に行くと習いますが、ここでおさらいしておきましょう!

公道で自動車を走らせるには、車に不備がないかを確認するために道路運送車両法の保安基準に基づいて受ける必要があるのが車検です。

車検のサイクルは車の種類や車両によって異なってくるので、事前に知っておくことが大切ですよ。
利用年数によっても変わってきますので確認しておきましょう♪

車検のサイクル

検査対象の車やバイクを運転する際は、車種ごとに決められた期間内に車検を受けなければいけません。
これは、国土交通省の道路運送車両法(第61条「自動車検査証の有効期間」)に定められており、公道を走るすべての自動車やバイクが対象になります。

車種 車検の有効期間 初回 2回目以降
自家用乗用車・軽乗用自動車車・小型自動車二輪 3年 2年
大型特殊自動車・軽貨物自動車 2年 2年
レンタカー(乗用自動車)・貨物自動車(8トン未満) 2年 1年
バス・タクシー・貨物自動車(8トン以上) 1年 1年

参考URL(http://www.mlit.go.jp/jidosha/kensatoroku/kensa/)

自分の車、いつ車検だっけ!?
と不安になった場合は車のフロントガラスのシールに注目しましょう!」
車の外側から見えるステッカーの表には、車検有効期限の年と月が記載してあり、車の内側から見えるステッカーの裏側には、車検満了の年月日までが記載してあります。

表側の月だけを確認して「今月中に車検を受ければ大丈夫」と思っていたら、その月の1日が満了日だった…。
なんてケースもあるので、日にちまでしっかり確認しておきましょう!

ポイント

車検は有効期間満了日の1ヶ月前から受けられますので、余裕を持って車検の予定を立てておきましょう!

車検にかかる費用

車検にかかる費用とはいったいどのくらいなのでしょうか?

車検は業者によっても費用が大きく違ってきます。
だいたいの目安を見て参考にしてみてくださいね。

車検をお願いする業者への車検料(点検・整備費用)と国や保険会社に支払う法定費用がメインの金額となります。
その他に消耗品の交換があれば別途費用がかかるということになります。
国や保険会社に支払う金額は車種によって異なりますが、どこで車検を受けても金額は変わりません。

軽自動車のだいたいの車検の相場は4万~7万ほどです。
重量税が少ない分少し金額を抑えることができますが、もちろん消耗品の交換が多きなれば金額は変わってきます。

普通車は重量税がかかるので車検の相場は7万~10万ほどと高めです。
他にも、年式が古い車は重量税が高くなり、走行距離が長い車であれば、交換が必要な部品が増えるので割高になってしまいます…。

業者によって車検費用は変わる?

ディーラーや車屋さん、ガソリンスタンドやカー用品店…。
車検を依頼できる業者はいくつもあります。
その為、どこで車検をしようかと迷う方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ディーラーは、他に比べて割高ではありますが、車をしっかりと熟知しているため、安心して任せられます。
一方で、少しでも費用を抑えたいという方はガソリンスタンドやカー用品店がおすすめですよ♪
車検費用をおさえるだけではなく、独自の特典もメリットのひとつです。
修理店や中古車販売店でも車検を受けることができるので、ぜひ検討してみてくださいね。

注意ポイント

中には整備に関する技術が怪しい業者もいます…。
見積もりの中に不要な整備費用が含まれることもあるため、信用できるかかりつけの業者を作っておくと安心ですよ。

車検が切れそう、切れた車の処分

車を処分するタイミングとして大きくかかわってくるのも車検ですよね。
車検が切れそうだから、車検が切れたから処分しようと考える方も多いはずです。

この理由での処分を考える場合、愛車と長年ともに過ごしてきた場合が多いのではないでしょうか?
どこか遠くにドライブした思い出、家族や恋人、友人と過ごした思い出…。
手放すことを考えると寂しい気持ちになるのではないでしょうか…?

しかし、いざ手放すことを決意すれば、「できるだけ価値が高まってほしい!」とい考えになりますよね(笑)

愛車を手放す方法としては下取りに出したり廃車にしたりでしょうか?
車両の状態によっては下取り価格が0円だったり、廃車にするのに費用がかかったりなんてことも…。

クルマの状態がよければ査定額は下がりませんが、車検の有無は査定額に直接響いてきます
車種や年式などによって幅があるので具体的にいくらとは言い切れませんが、その差はだいたいウン万円といったところでしょうか…。
となると、車検が切れるよりできるだけ前に手放すのが最善策となりますね。

ただそこで、「もしかしたら自分で車検を取って査定してもらったらお得になるのでは…?」と考える人も出てくるでしょう。
がしかし、それは車検にかかる費用によりけりです!

愛車が新車購入から1回目(3年目)の車検なら税金と点検費用ぐらいしかからないはずですが、それでも10万円前後はかかるでしょう。
2~3回目以降(5~7年以上経過)の車検の場合は、修理や消耗部品の交換などで工賃がかさむケースが多くなります。
ほとんどの場合は後者に当てはまると思われますが、やはりそういった場合は潔く諦め、ぱぱっと売ってしまうのがいいでしょう。

うっかり車検が切れてしまった…。

例えばうっかりしていていつの間にか車検が切れてしまっていた!
なんてケースの場合どうしますか?
実際そういったユーザーは多く業者さんは難なく対応してくれることでしょう。

費用は掛かるかもしれませんが、自宅まで直接引き取りに来てくれる業者もあるので車検が切れて持っていけないことを心配する必要はありませんよ。

ですが、車検が切れそうな車両や車検が切れ散る車両は下取りではよほどのことがない限りなかなか高値はつきません
そうなった場合、廃車を考えるのではないでしょうか?

下取りに出すにしても廃車にするにしても少なからず費用がかかってきてしまいます。
費用がかからなかったとしても0円査定だとなんだか損をした気分になりますよね?

損をせずに処分したい!

車検がもう少しで切れそうな車両や、車検が切れてしまった車両を損をせずに処分することができるってご存知でしたか?

車の処分となると中古買取り業者に買取りを依頼したり、廃車にしたりという方法になるかと思います。

しかし、車両によっては0円査定マイナス査定、処分に費用がかかってしまうなんてことも…💦
そんな場合におすすめなのが廃車買取

業者によっては廃車を0円以上で買い取ってくれる業者があるんです。
そういった業者に依頼すればお得に車を処分することができちゃいます✨

しかしここで注意が必要なのは、車に金額はついたものの、廃車に関する費用がかかり、結局のところプラスマイナス0なんてことがあるということです…。

そこでおすすめなのが、オートパーツ新居浜での廃車なんです!

どうしておすすめ?オートパーツ新居浜での廃車

ではどうしてオートパーツ新居浜での廃車がおすすめなのでしょうか?
その理由は大きく分けて2つ!

0円以上で廃車を買い取り!

オートパーツ新居浜では廃車を0円以上で買い取っています!

  • 事故で車体がゆがんでしまった
  • 足回りがダメになって動かない
  • 他社で査定が0円だった
  • 県外ナンバー
  • 名義が親
  • 車検切れ(切れる間近)

こんな状態の車でも0円以上で買取保証✨

廃車にかかる費用が無料!

通常廃車にする場合

  • 廃車引き取り費用
  • 解体費用
  • 廃車手続き代行費用

これらの費用がかかってしまいます。
それぞれ1万~2万円ほどの費用が掛かることも少なくありません。

しかし、オートパーツ新居浜ではこれらの費用は一切かからないんです✨

引き取りも四国内であればどこへでも無料で伺います✨
廃車手続きの代行はご案内する書類を揃えていただくだけで後はお任せいただいて大丈夫なんです✨
もちろん、代行費も無料なんですよ!

ポイント

ちなみに、まだ動く車で近くにお住まいなら直接持込をすることで査定額がアップする特典もあるんですよ♪

もしも車検が切れそうな車屋車検切れの車の処分をお考えであればお気軽にご相談ください☆
電話やフォームからの無料査定も行っています。

電話バナー

メールでのお問合せはコチラ


-廃車とは

今すぐ問い合わせる

Copyright© 廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜 , 2020 All Rights Reserved.