廃車とは

10万キロを超えた車のメンテンナンスと処分

投稿日:

中古車の購入を検討する際、車のどの情報に最も目が行きますか?

  • デザイン
  • キズの程度
  • 年式
  • 走行距離
  • 乗り心地
  • 用途
  • 燃費
  • 価格

など、ざっと項目を挙げてもこれだけあります。

みなさんも、これらの情報を組み合わせて、最終的に
「キミに決めた!」
と中古車購入を決めたことがあるのではないでしょうか?

どうしても欲しいデザインの車だったら、多少のキズがあっても、予算が少しオーバーしても良いと思う人もいるでしょう。
また、「動けばなんでもいい…」と、低価格の中古車や、燃費を重視して購入する方も多いと思います。

中古車選びの基準は人それぞれだと思います。

では、こんな時どうしますか?

欲しいデザインの中古車が決定!
予算は100万円。
あなたならAとBどちらを選びますか?

A→価格:120万円/走行距離:5万キロ
B→価格:80万円/走行距離:10万キロ

この質問でポイントとなるのはズバリ、走行距離ですね。
走行距離が少ない車=良い車なのでしょうか?

一昔前から言われているように10万キロを超えた車は本当に寿命が近いのでしょうか?
ここでは、そんな疑問にお答えしていきます!

走行距離10万キロの車に乗り続けるリスクとは?

車も使用すれば当たり前のように劣化が進んでいきます。
走行距離が多ければ、それだけ車の部品の劣化や消耗も進んでいると言えるでしょう。

そうなれば、車の修理・消耗品の交換をする機会も増え、当然お金もかかります。
「10万キロを超えたから、そろそろ車も変え時だな…」
「10万キロを超えているから、この中古車の購入はあきらめよう…」

このように、車にとって「走行距離が10万キロ」というのが、ひとつの区切りになっているように感じます。

しかし!
車の技術も日々進歩し、品質や耐久性が向上している今、走行距離が10万キロを超えた車に乗ることに、一昔前と同じリスクが伴うのでしょうか?

走行距離10万キロは車の寿命?

「車の寿命って何年くらいなのだろう?」
と、考えたことはありますか?

一般的にはよく、10年間で10万キロと言われています。
しかしこれはもう昔の考え方と言えます。
では、なぜ今でもこのようなことを耳にするのでしょうか?

この考え方については“昭和の時代”までさかのぼります。

当時の車は、10年間で10万キロに達するまでに、大きな故障が起こらない品質の車を開発することを目標に作られていました。
この自動車メーカーが当時掲げていた「10年間で10万キロ」という品質目標が現代でも根付いており、「走行距離10万キロが車の寿命」と一般的に思われているようです。

しかし、今と昔の車では比べものにならないほど、品質も性能も向上していますよね?
それでも昔と同じく、今でも10年間で10万キロなのでしょうか?

そんなわけがありません!
では、現代の車の寿命ってどれくらいなのでしょうか?

車の寿命は伸びている?!

昭和時代の車のエンジンや車体の耐久性は、10年を目処に作られていました。
ですので、10年・10万キロを迎える頃には、車は劣化し不具合も多く現れます。

10万キロを区切りにタイミングベルトの交換、また当時はマニュアルミッションが主流でしたので、クラッチ板の交換なども必要となり、高額な部品代や修理費を考えると、「買い替えた方が良い」と思う人が多かったと思われます。

昔と比べ、車体性能・塗装技術などが比べものにならないほど向上し、タイミングベルトはチェーンに変わり、マニュアルミッションからオートマやCVTが主流となり、機械式の構成部品も電気式に変わっています。

また、自動車ディーラーや中古車ディーラーでの保証内容が充実していることなども、車の寿命を延ばしている背景となっています。

では実際に、現代の車の寿命はどれくらいなのでしょうか?

この資料は乗用車の平均使用年数の推移を表しています。
少しずつですが増加の傾向にあることがわかりますね。

ここで言えるのは「10年・10万キロ」は、もはや車の寿命ではなく、車を買い替える1つの区切りとして考えた方が良いことがわかります。

では、さらに車の寿命を延ばすために私たちにできることとは一体何でしょうか?

メンテナンスの重要性

車を所持していれば必ず車検の時期はやってきますよね。
お金がかかるし、どこも悪くないのに…。
と思う方も少なくはないでしょう。

しかし、車検を受けていない車で道路を運転することはできませんよね。
運転をしていて、自分では「悪いところはない」と思っていても、点検によって故障が見つかる場合、思いのほか部品が消耗していたなど、普段なかなか気づけない箇所も、車検時に発覚することが多いですよね。

事前にトラブルを回避し、車の寿命を延ばすためには、車検は欠かすことができません。
しかし、車検を受けているだけで本当に安心・安全なのでしょうか?
そう思っているのであれば、それは間違いです!

なぜなら車検では、車検時に法律で定められた【保安基準】に適合している箇所を検査するだけなので、次回の車検までその車が故障しないという保証などは、どこにもないのです。
なので、運転者はもちろん、同乗者や歩行者を事故や怪我などのトラブルから未然に防ぐには、日頃から車のメンテナンスを行うことが大変重要なのです。

「メンテナンスといっても、どこを点検すれば良いのかわからない…」
そうですよね…。
自己点検なんて、自動車教習所で少し教わったくらいですもんね。

では、どのような箇所を自分で日常的にメンテナンスすることが可能なのでしょうか?
10万キロを超えた車にぜひやってほしいメンテナンスがあるので、一緒に見ていきましょう!

10万キロを超えた車のメンテナンス

車の性能や機能は年々向上しています。
特別なメンテナンスをしなくても、10万キロ以上走る車もあるくらいですからね。

しかし、それはごく一部の車のおはなし。
やはり長く大切に乗るためにはメンテナンスは必要不可欠です!

10万キロで寿命というのは、一昔前のことと言いましたが、まったくメンテナンスされていなければ、10万キロを迎える前に寿命がきてしまうことも十分にありえます。

それとは反対に、十分にメンテナンスされていれば15万、20万キロと乗り続けることも可能です。
なので、ぜひ長く快適に車に乗りたい方は「壊れる前に直す」ことをおススメします。

  • エンジンオイル
  • タイミングベルト
  • バッテリー
  • ブレーキパッドなどのブレーキまわり
  • エアコンなどの空調関係

上記の項目は定期的にメンテナンスすることがおすすめですよ。
自分でするのには不安がある問場合は、車屋さんやガソリンスタンドなどで相談してみてください♪

10万キロの車を処分する

10万キロ以上の中古車となれば「査定金額が0円」「値段が付かない」なんてことも多いでしょう。
そうなった場合、車を処分するという選択肢が出てきます。
しかし、「いざ車を処分する」となった場合に、どのようにしたら良いのでしょうか?

オートパーツ新居浜では、走行距離が10万キロ以上の車でも0円以上で買い取ることができるんです☆

しかも、オートパーツ新居浜の廃車は、0円でできちゃうんです✨

多くの場合、廃車にはこのような費用が掛かるといわれています。

  • 廃車引き取り費用
  • 廃車解体費用
  • 廃車手続き代行費用

これらがオートパーツ新居浜なら0円なんですよ☆
詳しく紹介しちゃいます♪

廃車引き取り費用

お客様のところへ積載車もしくはユニック車で廃車を引き取りに伺う際にかかる費用ですね。

出張費や高速日、動かない車だとレッカー日、その他もろもろ合わせて、約1万~2万円程度の費用が掛かることが多いです💦

しかし、オートパーツ新居浜なら四国内ならどこへでも0円で伺うことができます✨
動かない車だとしても追加料金は掛かりません☆

廃車解体費用

引き取った廃車を解体する際にかかる費用ですね。
業者によって異なりますが、だいたい1万円前後の費用が掛かることが多いです💦

もちろん、オートパーツ新居浜では解体費用もいただいていません

廃車手続き代行費用

自分でするのはわからないし、ややこしいし、何より面倒だという方でぎょうしゃに廃車手続き(抹消登録)の代行をお願いする方も多いのではないでしょうか?

お客様代わって廃車手続きを業者が行う際には多くの場合、代行費というものがかかります。

だいたいは、1万~2万円程度ですが、県外ナンバーや車検証の名義が違う場合などは追加で費用が掛かることも少なくありません。

それに比べ、オートパーツ新居浜では廃車手続きの代行も無料なんですよ✨
もちろん、追加で費用をいただくこともありません。

いかがですか?普通なら何かと費用が掛かってくるものですが、弊社では本当に廃車費用が掛からないんです。
しかも、弊社はどんな廃車でも高価買取が可能なんですよ✨

費用が掛からないだけでなく、廃車にするだけでお金がもらえるなんてとってもお得ですよね☆

まずはお気軽にご相談ください♪
スタッフ一同お待ちしています!

電話バナー

メールでのお問合せはコチラ


-廃車とは

今すぐ問い合わせる

Copyright© 廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜 , 2021 All Rights Reserved.