廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜

愛媛県の廃車・事故車買取ならオートパーツ新居浜

 0897-67-1577

月~土 9:00~17:30

日・祝・第2土曜 定休日

モビリオ・スパイク 廃車の買取事例 香川県の廃車買取

ホンダ モビリオ・スパイクGK1を引取りしました!【香川県観音寺市の廃車買取】

投稿日:

香川県観音寺市作田町から
ホンダのモビリオ・スパイクの買取り致しました。
エンジンもかかり、自走可能で元気な車でした。
香川県まで引き取り費用無料で伺いますよ~!

買取したモビリオスパイクの後ろ画像

買取車両の詳細

【車両特徴】
メーカー :ホンダ
車名 :モビリオ・スパイク
型式 :DBA-GK1
年式 :2006/4(平成18年4月)
グレード :W
排気量 :1500cc
エンジン :L15A
外装色 :黒色(カラー番号B92P)
走行距離 :約23万キロ
仕様等 :2WD(2輪駆動車)、CVTミッション

ホンダ モビリオ・スパイクについて

2002年~2008年まで販売されていた車両です。
モビリオの派生車種として発売されました。

収納を多くしたり、テールをバンパー内に組み込む事で
バックドアをより広く開けることが出来るようにしているなど
ファミリー向けに作られた車両でした。

モビリオと比べるとバックドアを開けた広さは
全然違っていますよ~!

<モビリオ>

モビリオの参考画像

モビリオ

<モビリオ・スパイク>

モビリオ・スパイクの参考画像

モビリオ・スパイク

そして、2008年に生産・販売終了したモビリオ・スパイクですが
2010年に後継車であるフリードスパイクが発売されました。
ファミリーの事を考えて作られているのは
後継車にも受け継がれていますよね♪
http://www.honda.co.jp/familymeeting/research/vol05kids/

モビリオ・スパイクの豆知識

モビリオ・スパイクは大きくモデルチェンジすることなく
6年間販売されていました。
ですが、6年のうちに2回マイナーチェンジをしています。

このマイナーチェンジが型式だけで分かるのです♪

  • 2002年~ LA-GK1/2
  • 2004年マイナーチェンジ CBA-GK1/2
  • 2005年マイナーチェンジ DBA-GK1/2

まだありますよ~!

  • GK1=2WD(2輪駆動車)
  • GK2=4WD(4輪駆動車)

型式にはとても意味があるんですよね。
皆さんも愛車の型式、一度見てみてください。
そうだったのか~!と思うことが隠れているかもしれません★

買取したモビリオ・スパイクについて

今回はモビリオ・スパイクの買取りをさせて頂きました。
走行は多く走っていたものの、
エンジンもかかって動く状態でした。

また、今回買取りしたモビリオ・スパイクは
多走行でしたが外装はまだまだキレイでしたので
部品を数点取り、中古部品へと生まれ変わりました。

走行23万キロのモビリオ・スパイクの金額

今回のモビリオ・スパイクは
購入されてから11年経過していましたが
通常の金額より更にプラスして買取しました♪

解体業者だからこそ提示できる買取り金額です。

買取したモビリオスパイクの前画像

あなたのモビリオ・スパイクも高く買い取れるかもしれません。
どれくらいの金額になるのか確認してみませんか?
もちろん査定は無料です。

多走行車でも高価買取できますよ~

今回買取りしたモビリオ・スパイクも
走行約23万キロ走っており、多走行車でした。

23万キロ走っている車両となると
中古車として販売しようとしてもなかなか売れないかと思います。

皆さんもいざ車を乗り換えるとなると
20万キロ超えている車両は選ばないかと思います。

また、弊社では、中古部品を販売しており、
これが廃車を高く買い取れる理由の一つでもあるのですが、
多走行車だとメカ物の中古部品はなかなか売れません。

普通に考えると、多走行で部品が売れないとなると
減額ポイントになるのですが、、、

オートパーツ新居浜では多走行であっても
メカ物が売れなくても、高額で買取りしております!

多走行車を高く買取り出来る理由があります

弊社では、廃車の高価買取だけでなく
中古部品の販売や解体業を行っております。

モビリオ(スパイク)など車の中古部品の販売

弊社は全国に189拠点ある
NGP日本自動車リサイクル事業協同組合に加盟しています。

NGPグループで決められている厳しい検査項目に
クリアした部品のみが中古部品として販売されています。

新品より安く提供できるのですが、
物によっては、良品で新品同様の商品も多数揃っていますよ♪

廃車のスクラップ・解体

買取した車両でも、中古部品として販売できるものは
数にするととても少ないです。

中古部品としては使用できず、
車に残っているものは解体作業を行います。

素材ごとに丁寧に分け、分けられた素材は
再生資源として生まれ変わります。
また、どこかで使われていくという事です。

オートパーツ新居浜では様々な方法で
お客様から高く車を買取りできるよう努力しております。

そのため、今回のような多走行車であっても
「外装部品が取れるかもしれない」「解体して再生資源を作る」
二つの高価買取ポイントを見つけ
高い見積もり金額を提示させて頂いているのです。

香川県で多走行(走行多い車)の廃車を考えているかた
オートパーツ新居浜までご相談ください。

-モビリオ・スパイク, 廃車の買取事例, 香川県の廃車買取
-

Copyright© 廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜 , 2017 All Rights Reserved.