ウイングロード

日産ウィングロードの廃車をお考えではありませんか?

ウィングロードの歴史を知ろう!

日産ウイングロードは、アウトドアレジャーを楽しむ若者を中心に高い人気を集めた「サニーカリフォルニア」と機能性・実用性の高さからビジネスパートナーとしても活躍した「ADワゴン」の統合により、1996年に誕生した5ドアステーションワゴンです。

大きなガラスエリアを備えたクリーンなスタイリングと機動力を生かした軽快な走り、使い勝手の良いワゴンボディから、高い評価を得たモデルなんです✨

先代モデルを彷彿とされる「カリフォルニア」の名称をモデル名につけるなど、若い世代のユーザーをターゲットとしたコンセプトは引き継がれています。

車名の「ウイングロード」は、英語の「WING:翼」と「ROAD:道」に由来し、フィールドを選ばない、アクティブなライフスタイルにマッチした多目的ワゴンを目指し命名されました。
躍動感のあるスタイリングを採り入れた、活動的な新世代ワゴンに相応しいネーミングとですよね☆

型式は

  1. Y10型(1996年 - 1999年)
  2. Y11型(1999年 - 2005年)
  3. Y12型(2005年 - 2018年)

このようになっていて、2018年に生産が終了しています。

初代ウィングロード Y10型(1996年 - 1999年)

1996年、サニー・カリフォルニアと、ADバンの乗用仕様であるADワゴンを統合すべく、ボディ後半のデザインを大幅に変更するなどの大掛かりなマイナーチェンジを受けたY10型が登場しました。

テレビCMには江角マキコとナインティナインの二人が出演していましたね!

このY10型は、マツダに対して8代目ファミリアワゴンとしてOEM供給され、ファミリアバンも同時にADバンのOEMとなっているんですよ。
その後、ワゴンはマツダ自社製に切り替えられたが、バンはY12型に至るまで継続供給されていました!

2代目ウィングロード Y11型(1999年 - 2005年)

2代目は「走る、使える、スタイリッシュ・コンパクト」を開発コンセプトに掲げ、ボディデザインを一新し、よりモダンで洗練されたスポーティなエクステリア、パワフルで余裕のある軽快な走行性能と優れた環境性能を兼ね備えて1999年に登場しました。

先代モデルと比較してホイールベースや、後席の足元スペースが60mm広がるなど、リクライニング機構やセンターアームレスト、後席ピロー上下調整式の採用と相まって、後席の居住性が大きく向上しているんです☆

また、タイヤハウスの出っ張りの少ないフラットなラゲッジスペースは、ラゲッジ側から簡単にリヤシートが可倒できるなど、使い勝手の良さも魅力を高めています✨

3代目ウィングロード Y12型(2005年 - 2018年)

3代目は「アクティブライフをサポートするスタイリッシュで使いやすいコンパクトワゴン」を開発コンセプトに掲げ、ワゴンとしての多目的に使える機能性や走行性能の向上を目指し、2005年に登場しました。

エクステリアは「STYLISH&FUNCTIONAL」をテーマにデザインされていて、上質感を際立てたスタイリッシュなフロントビューが特徴的なんです✨

ロングスライド&リクライニング機構を備えるリヤシートの採用やミドルクラスワゴンに匹敵するラゲッジスペース、多彩なシートアレンジが可能な利便性の高いパッケージデザインなどにより、発売当初から安定的な高い人気を誇りました☆

2018年に惜しまれつつ販売が終了しました。
これに伴って、日産の3/5ナンバー登録のステーションワゴンが全て消滅となりました。

ウィングロードの間接的な代替え車種として個人向けは既存の小型ハッチバックの2代目ノート、およびトールワゴンの3代目キューブ、軽ハイトワゴンのデイズルークスが、法人向けは小型ワンボックスワゴンのNV200バネットワゴンがそれぞれの受け皿となりました。

愛車の廃車損したくない…

愛車を廃車にするとき、損はしたくないですよね?
しかし、車の廃車を考えている方のほとんどが損をしてしまってるのではないのでしょうか?

というのも、多くの廃車の業者では、費用が掛かってしまうからなんです。
では、どのような費用が掛かってくるのでしょうか?

主にはこれらの費用が掛かってきます。

  • 廃車の引き取り費用
  • 車の解体費用
  • 廃車手続きの代行費用

廃車引き取り費用

廃車にするとなると、引き取りに来てもらうことがほとんどですよね?

その際、距離によっても変わってきますが、だいたい1万~2万円の費用が掛かることが多いのです。

しかし、オートパーツ新居浜なら、四国中無料で廃車の引き取りに伺うことができちゃいます✨

『高知県なんだけど、いくらかかる?』
『徳島で遠いんだけど…。』
こんなお問合せも多いんですが、無料なんですよ。

また、
『動かないからレッカーが必要だと思うんだけどいくらかかる?』
というお問合せも多いです。

しかし弊社にはユニック車もありますので、追加で費用はいただきませんよ。

車の解体費用

廃車にするときには、車を解体する必要があります。
いわゆるスクラップにするということですね。

この解体にも1万円前後の費用が掛かることが大半です。

しかし弊社では無料でスクラップにできるんです✨

廃車手続きの代行費用

廃車にするとき、1番面倒なのは、廃車手続きではないでしょうか?

業者さんに代行を依頼することが多いと思いますが、その際に1万円~2万円程度の費用が掛かることが少なくありません…。

また、費用をかけずにご自身で手続きをしようと思うと、ややこしくって面倒なんですよね…。
参考 普通車の廃車手続きについて

弊社ではなんと!
面倒な廃車手続きを無料で代行可能なんですよ✨

必要な書類もこちらでお調べしてご案内します。
それを揃えていただければ、後は全てお任せください♪

日常業務として行っているので安心してお任せいただいて大丈夫ですよ。

ポイント

還付金の手続きもお任せください。
詳しくはスタッフまでお尋ねください。
参考 還付金について

損をしない最大のポイント

実は、オートパーツ新居浜の廃車はただの廃車じゃないんです!
弊社では廃車を買い取っているんですよ✨

『買取といっても、ボロボロすぎるクルマは0円なんでしょ…』
と思っているそこのあなた!!

弊社ならそんなクルマも0円以上で買い取ります♪
例えば、

  • フロント事故で前側がぺちゃんこ…
  • 長年放置していてバッテリーが上がっている…
  • ぶつけてタイヤがゆがんでいる…
  • 大雨の被害で水没した…
  • パーツのカスタムをしている…
  • 型落ちで10万キロ以上走っている…

こんな状態でも弊社なら廃車買取が可能なんです♪

たとえ他社で0円査定だったとしても弊社ならいいところを見つけて、0円以上での買取ができますよ!
無料で査定も行っているのでお気軽にご連絡くださいね☆

メールでのお問合せはコチラ

どうして廃車の買取ができるの?

では、なぜ廃車を買い取ることができるのでしょうか?
その答えは、使用済み自動車を買い取った後にあります。

弊社では、使用済み自動車から取り出した中古パーツの販売も行っているんですよ♪

  • サイドミラーをぶつけてしまった
  • バンパーをこすってしまった
  • エアコンの調子が悪い
  • カスタムマフラーを純正に変えたい
  • テールランプが割れてしまった

などなど、パーツが必要な場面って意外とありますよね?

弊社のリサイクルパーツやリビルト部品を利用すれば修理費を安く抑えることができるんですよ✨

『安くても中古部品は心配…』
と思う方もいらっしゃいますよね…。

ですが、ご安心ください!

弊社では厳格な品質チェックを行っています。
それにクリアできなかった粗悪なものは商品にはなりません。

クリアできたものの性能は新品の部品とほどんど変わりません。
しかも、保証もしっかりついています。

ですから、弊社のリサイクル部品やリビルトパーツは自信をもってご案内できます☆

気になるパーツがありましたら、お気軽にお問合せ下さいね☆

メールでのお問合せはコチラ

だから、オートパーツ新居浜ではどんな状態の廃車でも0円以上で買い取ることができるという訳なんです✨

お持込いただいた廃車のウイングロード

【廃車 今治】WFY11ウイングロードを買取り!

今回のお客様は、車検がもうすぐ切れるので廃車にしたいということでした。 特に故障している箇所もなく、愛媛県今治市馬越(うまごえ)の少し離れた距離でしたが、事故なし車で自走可能なのでお持ち込みして頂きま ...

今すぐ問い合わせる

Copyright© 廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜 , 2020 All Rights Reserved.