ボンゴ

ボンゴってどんな車?

ボンゴは、マツダが販売しているキャブオーバースタイルのワンボックス商用車、派生車種の乗用車、トラックの事です。

商用車用途をメインとしたキャブオーバースタイルのワンボックス車である。以前は乗用登録のワゴンも販売されていたが、現在はバン、トラックのみの販売となっています。

ボンゴは

  1. (1966年-1975年)
  2. BA2系(1977年-1983年)
  3. (1983年-1999年)
  4. SK82/SKF2/SKP2/SLP2型(1999年-2020年)
  5. S4#3型(2020年 -)

このような歴史になっています。

ちなみにボンゴをベースとして作られたボンゴブローニイは

  1. SR型/ SD型(1983年-1999年)
  2. SK型(バン1999年-2010年、トラック1999年-2000年)
  3. H20#M型(2019年- )

このような型式になっています。

車名の由来知っていますか?

ボンゴの車名はアフリカに住む反芻獣のボンゴから名前がとられているんです。
その堂々とした体躯に準えての命名なんですよ♪

ブローニイは、英語で「筋骨たくましい」、「強靭な」という意味で、ボンゴの上位(重積載)車種を表現したサブネームとなっています。

初代ボンゴ

初代は小型ワンボックスバンとして当時のベストセラーであり、ワンボックスカーの代名詞としてその名を広く浸透させました。
かつて、自動車のスタイルの呼称である、ワンボックスカーという名称が一般に定着する以前は「ボンゴ型車」や「ボンゴ車」と呼ばれ、「○×(社名)が出したボンゴの名前は?」と言われたほどなんですよ!

中国地方の中高年層は、ワンボックスカー全般を指して「ボンゴ」ということもあり、しかもこの事象は日本だけではなく、起亜で現地生産されていた影響で韓国にもあるとされています。

2代目ボンゴ

約2年間の空白期間を置き、トラックがフルモデルチェンジしました。
この間にマツダはコスモAPのヒットで息を吹き返しており、ボンゴの新規開発も再開されることとなりました。

3代目ボンゴ

1983年にフルモデルチェンジをしました。
マツダとフォードの新販売チャネルオートラマ向けに乗用タイプの「スペクトロン」と商用タイプの「J80」をOEM供給開始しました。

従来型に設定されていたロングボディは先行発売されたボンゴブローニイ(後述)に統合され、一部のグレードに後輪小径ダブルタイヤ仕様(ワイドロー)が設定された他は前後同サイズとなったんですよ。

4代目ボンゴ

16年ぶりのフルモデルチェンジをしたボンゴのプラットフォームは、3代目ボンゴのSS及びSEプラットフォームをベースに開発したSKプラットフォームを採用しました。

実情としては、車体の前半分のみを衝突安全対応型に新設計したものと言え、この奇策とも言える「前半分だけのモデルチェンジ」には、マツダの経営悪化が影響しています…。

当時のマツダは経営事情が厳しく、開発コスト削減を余儀なくされていました。
そこで4代目ボンゴは、3代目の設計の多くを踏襲し、部分的な設計変更でコストを抑えて開発されました。
旧型をベースとしつつも、外観や運転席は極力現代風のしつらえに改められており、インパネも新造形となっています。

5代目ボンゴ

約21年ぶりとなるバンおよびトラックのフルモデルチェンジとなりました。
マツダの商用車の自社開発から完全撤退に伴い、5代目はダイハツ工業からOEM供給を受けるモデルで、グランマックスがベースとなっているんですよ。

4代目トヨタ・タウンエースとの3兄弟車となっています。
マツダの日本国内向け車種でダイハツ工業からOEM供給を受けるのは初めてなんですよ!

ボンゴブローニイって?

ボンゴブローニイは、ボンゴをベースとしてホイールベースを延長した上位車種になります。
クラスとしては、ボンゴのミドルクラスワンボックスに対し、ハイエース/レジアスエース、キャラバン/ホーミー、ファーゴ等の最上位級ワンボックスに所属します。

初代と2代目は自社開発であったが、3代目は5代目ハイエースバン/2代目レジアスエースバンのOEMとなる。

ボンゴを廃車にする

ボンゴの廃車をお考えですか?
それなら、オートパーツ新居浜にお任せください!
弊社でなら損をせずに廃車にすることができますよ✨

ただの廃車じゃない!

オートパーツ新居浜の廃車はただの廃車処分ではないんです!
弊社ではどんな廃車でも買取ることができるんです✨
例えば

  • 事故車
  • 水没車
  • 多走行
  • 他社で0円査定だった
  • 名義が違う(親族や車屋さんなど)

こんな状態でも弊社なら買い取ることができるんですよ♪

廃車費用が掛からない?

オートパーツ新居浜の廃車は費用が掛からないんです✨
廃車にする際にお金がかかることが多いのが、廃車引き取り費用抹消手続き代行費用です。

弊社では四国内であればどこへでも無料で引き取りに伺います。
積載車もユニック車もあるので、中古車や足回りがダメになって自走ができない車もっ引き取り可能ですよ♪
お問合せの際にお車の状態をスタッフまでお伝えくださいね。

また、弊社では抹消手続きの代行も無料で行っています。
なにかと手間がかかったり面倒だったりするので自分でするのは腰が重い廃車手続き…
事前にご案内する書類だけ揃えていただければ後は弊社スタッフにお任せください✨

メールでのお問合せはコチラ

ボンゴのパーツが欲しい

弊社は廃車だけでなく、自動車のリサイクルパーツやリビルト部品も販売しているんですよ。

お客様から買い取らせていただいた使用済み自動車から、まだ使える部品を取り出し、洗浄・美化、品質チェックを行い厳しいチェックをクリアしたものだけが商品となっているんです✨

リサイクルパーツの取り扱いについて

弊社で取り扱っているリサイクルパーツにはこんなものがあります。

  • 前後バンパー
  • 前後ドア
  • フェンダー
  • ボンネット
  • ターボチャージャー
  • ドライブシャフト
  • マフラー
  • ライト類  etc...

上記以外の部品をお探しの場合もお問合せ下さいね♪

リサイクルパーツはお問い合わせいただいたその時にもし在庫がなくても次の日やその次の日には在庫がある!なんてこともあるんですよ。
パーツのプロがお客様のお車の定った位に合ったものをご案内します♪

リビルト部品の取り扱いについて

弊社ではリサイクルパーツのほかにリビルト部品の取り扱いもありますよ。

  • オルタネーター
  • スターターモーター
  • ラジエーター&コンデンサー
  • エアコンコンプレッサー
  • フューエルポンプ
  • ダイナモ
  • スーパーチャージャー
  • A/Tミッション・CVT  etc...

等の部品を取り扱っています。
上記以外のものももちろんお探しできますよ。

リビルト部品はあくまで中古部品ですが、性能は新品純正の部品と変わりありません
リビルト部品を使うことで修理費用を格段に安く抑えることができあますよ。
保証もしっかりついているので安心なんです✨

メールでのお問合せはコチラ

買取したボンゴバンの画像

【愛媛県四国中央市の廃車買取】マツダ・SS系・ボンゴバン(SS28V)を買取りました

四国中央市にて、マツダ・ボンゴの買取りを致しました。 15年前に製造されたちょっと古めのボンゴですが、事故歴もなく普通に走行可能でした。 よく長持ちした車です。 ハイルーフの為、車内が広く荷物を沢山積 ...

今すぐ問い合わせる

Copyright© 廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜 , 2020 All Rights Reserved.