ブルーバード・シルフィ

ブルバード・シルフィを知る!

シルフィは、日産自動車のセダン型乗用車です。
初代と2代目は日本国内においてはブルーバードシルフィの名で生産・販売されていました。

初代はブルバードでいうところの11代目と数えられますが、ブルーバードでまとめると型式が多くなってしまうので、ここではあえて別に考えて紹介していきたいと思います!

ちなみに、ブルーバードシルフィが「ブルーバード」を受け継いでいましたが、2012年のフルモデルチェンジで名称が「シルフィ」となり、「ブルーバード」の名前が無くなっています。

そんなシルフィの型式は

  1. G10型(2000年-2005年)
  2. G11型(2005年-2019年 )
  3. B17型 (2012年-2021年予定)
  4. B18型 (2019年-)

このようになっています。

初代ブルーバードシルフィ

顧客層のターゲットを子育てを終了したポスト・ファミリー層、具体的には40~55歳のミドルエイジに設定していたので、内外装は同社のB15型サニー同様、非常に保守的なデザインとなっています。
中級車には珍しく黒塗りの公用車・社用車仕様も存在するんですよ。

車名こそ「ブルーバード」の名が付いていますが、当初は消滅が決定していたパルサーに代わるラインナップ拡充策として、サニーがベースのブルーステージ専売新規車種という形で開発されていたんです。

発売当初はセカンドネームの「シルフィ」を強調するエンブレムが後部に取り付けられていましたが、2001年のマイナーチェンジで「ブルーバード」と「シルフィ」の文字が同じ大きさとなり、2003年のマイナーチェンジで「ブルーバード」の文字が大きくなっています。

2代目ブルーバードシルフィ

ティアナ、ティーダに続く日産モダンリビングコンセプト第3弾であり、モダンリビングコンセプトを謳う商品としては最後のモデルとして、ティアナの発売後、ティーダの開発終了前に開発が開始されたのがこのモデルになります。

頭についているブルバードの名称はこの代を最後に外されています。

3代目シルフィ


3代目は2012年に北京モーターショーで発表されました。
初代と比べると丸みを帯びたデザインになっていますね。

2020年9月末を以って日本仕様車の生産終了しました。
以後、流通在庫分のみの販売となり、在庫が無くなり次第、販売終了となっています。

これにより、日本市場における1935年誕生のダットサン14型セダンを経て1959年誕生のブルーバードを源流とする日産の基幹クラスのセダンから完全撤退する形となり、ブルーバードシルフィ名義から通算して20年の歴史に幕を下ろす事となりました。
後継車種はV37型スカイライン、E13型ノートに統合することとなりました。

4代目シルフィ

2019年上海モーターショーで発表販売されました。
また、当代の登場に伴い「シルフィクラシック」はG11型からB17型に変更され、当代と併売されることになりました。

このほか、依然としてセダン市場が縮小を続けている日本市場には先述の通り、導入されていません。
見た目も格好いいのでぜひ日本市場にも出回ってほしいですよね。

ブルーバードシルフィの廃車を考えている方へ朗報!

大事に乗ってきたけれど古くなってきたから、新しいのを買うから、故障したからブルーバードシルフィを手放そうかなとお考えですか?
それなら、オートパーツ新居浜の廃車買取がお得ですよ✨

弊社ではどんな状態の廃車でも買取ることができるんです。
また、廃車買取以外にも弊社には廃車に関するお得なサービスがあるんですよ✨

四国中無料で引き取り!

オートパーツ新居浜で廃車をしていただければ、四国中無料で廃車の引き取りにお伺いします✨
通常1万~2万円かかることがほとんどなので、お得ですよね♪

弊社には積載車もユニック車もありますよ。
なので、足回りがダメになっていても、エンジンがかからなくても、バッテリーが上がっていても大丈夫!
お問合せの際にお車の状態をお伝えいただくととてもスムーズですよ。

廃車手続きの代行もお任せ!

オートパーツ新居浜で廃車にする方限定ですが、面倒な廃車の手続きを無料で代行します✨

ご自身で抹消手続きをしようと思うと、平日の昼間に陸運局に最低2回は行き、手続きをする必要があります。
正直手間もかかるし書類もややこしいです。
参考 普通車の廃車手続きについて▷▶

しかし弊社にお任せいただければとてもラクですよ♪
必要な書類はご案内するので、それを揃えていただければ後は全てスタッフが代行します♪

抹消が完了すればご連絡しますので、それまでお待ちいただくだけでいいんです!

メールでのお問合せはコチラ

ブルーバードシルフィのパーツをお探しですか?

オートパーツ新居浜ではリサイクルパーツやリビルト部品も取り扱っています。

中古部品ではありますが、リビルトパーツは新品の純正部品と変わらない性能もあるんですよ!
セルモーターやオルタネーター、コンデンサー、ラジエーターなどの修理ならリビルト部品を使うと安く修理できますよ♪

リサイクルパーツも厳しい品質チェックを受けているので祖明菜物が商品になっていることはありません!
ドアやバンパー、スポイラ、ボンネット、ミラー、ライトなどの修理にはリサイクルパーツを使うのがおすすめですよ。

どちらのパーツにも保証が付いているので安心ですよ。

車だけでなくトラックやバスなどのパーツもお探ししますので、お気軽にお問合せ下さいね。

メールでのお問合せはコチラ

廃車買取したブルーバードシルフィの画像

愛媛県新居浜市 日産ブルバード・シルフィ FG10 廃車買取しました

新居浜市にてブルバードシルフィの買取りを致しました。 前輪が無い状態なので、ユニック車で吊り上げての引き取りです。 廃車買い取り車両詳細 メーカー ニッサン 車名 ブルーバード・シルフィ 型式 CBA ...

今すぐ問い合わせる

Copyright© 廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜 , 2021 All Rights Reserved.