豆知識

ドライブレコーダーに関する実は知らない?あれこれ

更新日:

「事故をして警察に状況説明をするのに困った!」
「ドライブの思い出として車から見える景色を残したい!」

こんな風思ったことはありませんか?
そんな時に活躍するのがドライブレコーダー
ここ最近ドライブレコーダーの需要は高まっていますよね。

ドライブレコーダは実際の映像と音声を、しっかり残すことができるんです!
この記事では、ドライブレコーダーについて解説してきますね♪

ドライブレコーダーって?

ドライブレコーダーとは、車に搭載する「映像記録装置」のことを言います。
事故が起こった時などに、前方の映像だけでなく、映像音声・位置情報・ブレーキや方向指示器の操作、といった事故の状況を記録してくれるものもあります。
主に、フロントガラスやダッシュボードに設置されます。

当初ドライブレコーダーは、タクシーやバス、トラックといった、業務用車両を主体に取り付けられていました。
自家用車用のドライブレコーダーもありましたが、メーカーごとに規格や機能の違いがあり、ほとんど普及しませんでした。

しかし、2016年に起きた観光バスによる事故を踏まえ、国土交通省が貸切バスのドライブレコーダー設置を義務化しました。
さらに近年、危険な運転をして他車を威嚇する、いわゆる「あおり運転」対策などで、ドライブレコーダーに対する認識が広まっていきました。

2018年には、2017年に比べてドライブレコーダーの売上や搭載率が格段に上がりました。
最近では、後方からのあおり運転の対策に、前方と後方の両方にカメラを設置して撮影・記録する運転者も増えてきています。

搭載する理由

ドライブレコーダーを搭載する理由として、次のようなことがあげられます。

  1. 事故の状況を映像として記録し、事故の解決をいち早く進めることができる。
    これは、多くの人が搭載する目的の1つともいえます。
    車に乗っている以上、事故を起こしたり、巻き込まれたりしかねません。ドライブレコーダーがあれば、車の周囲をカメラで撮影することができるので、事故の状況説明に最も有効的です。
    警察の事情聴取の際、記憶が曖昧でやっていないことをやったと言ってしまう、といったことを防ぐこともできます。
    前方と後方にカメラを設けると、さらに良いです。
  2. あおり運転対策
    前述にある通り、最近ではあおり運転対策が注目されています。
    相手の危険な運転のせいで事故を起こしてしまった場合、煽られて招いてしまった、という状況説明ができます。
    また、あおり運転の抑止にもつながります。
  3. 安全運転を意識することができる
    車を安全に運転するのは、当たり前です。
    常時録画できるドライブレコーダーであれば、運転が終わった後見返して、自分の運転の癖などを理解し、振り返るということができます。
    さらなる安全運転に努められますね。
  4. 旅行の思い出にする。
    旅行中の車内の楽しい雰囲気や、ガラス越しで見えるきれいな景色を思い出に残したいですよね。
    こういった時も、ドライブレコーダーを使えば記録を残すことができます。最近では、スマートフォンのアプリとドライブレコーダーを連携できるものもあります。
    一緒に旅行をした友人や仲間たちと、ドライブレコーダーで撮った映像を共有することができます。

様々なカメラスペックと機能

カメラスペックと機能について、一部を紹介いたします。

カメラの解像度・画素数

解像度は、ディスプレイに表示される映像の鮮明さを表します。
例えば、解像度が1,920×1,080のフルハイビジョン(Full HD)ならば、縦1,080個、横1,920個のドットで映像を出力していること表します。

画素数は縦×横のドット総数のことで、例えば1,920×1,080のFull HDの解像度は約207万画素となります。
ドライブレコーダーを選ぶ際には、Full HDなど200万画素以上あるものがお勧めです。

また、解像度がFull HDの約1.8倍である、2,560×1,440のものだと、ナンバープレートなど細かい部分も記録できます。

カメラの画角

画角は、カメラが撮影する範囲を示します。
画角には、水平画角(フレームの左端から右端までの画角)・垂直画角(フレームの上端から下端までの画角)・対角画角(フレームの一方の角から反対の角までの画角)の3つがあります。

ドライブレコーダーを購入する際、水平画角108度以上、水平画角60度以上のものがお勧めです。

カメラのタイプ

カメラタイプは大きく分けて3つあります。

一つは、前方だけ、または後方だけを写すカメラ1つタイプ。
もう一つは、前後に1つずつカメラを設置する前後撮影タイプ。
最後は、一つの360度全方位撮影カメラで前後左右、また車内も撮影する全方向撮影タイプです。

前後撮影カメラであれば、追突事故やあおり運転の両方を記録できます。
全方向撮影タイプでは、運転手から見えない死角からの事故も記録できます。

録画時間

一般的なドライブレコーダーは、付属しているメモリーカードで約1-2時間記録できます。
1-2時間以上の長時間の記録したい方は、大容量メモリーカードに対応したドライブレコーダーとメモリーカードを購入しましょう。

HDRとWDR

HDR(ハイダイナミックレンジ)とWDR(ワイドダイナミックレンジ)は、夜間や暗所での撮影に対応した機能です。
白飛びや黒つぶれを防ぎ、高画質で記録できます。

夜間の映像でも高画質で録画できますよ。

駐車監視録画

車のエンジンを切っても、ドライブレコーダーは起動して記録する機能です。
当て逃げや、車上荒らしなどを記録できます。

この機能のなかには、駐車している車の周囲で動く、他車や人を検知し自動で記録する「モーションセンサー」と呼ばれる機能を持ったものもあります。
駐車中の車のことが心配な方は、この機能があるドライブレコーダーがおすすめです。

Gセンサー(加速度センサー)

車体への衝撃を感知すると、その前後を記録する機能です。
ほとんどのドライブレコーダーに備わっている機能です。

GPS

衛星通信を利用して、速度や現在位置を測る機能です。

LED信号機対応

LED信号機の点灯と、ドライブレコーダーの撮影周期が同じだと、信号機の点灯が撮影できないことがあります。
これを防ぐ機能です。

録画機能

常に記録を続ける「常時録画」と、任意のタイミングで記録を開始・終了できる「手動録画」があります。
常時録画はほとんどのドライブレコーダーに装備されています。

メモリーカードの容量がなくなると、過去に録画した映像の、一番古いものから順に、上書きされていきます。
もし残しておきたい映像があるなら、手動録画を使えば常時録画とは別のファイルに保存されます。

運転支援機能

ドライブレコーダーのなかには、GPSの信号を取りながら、運転者のサポートを行う機能を持つものもあります。

前方の車との距離を検出し、安全でない距離なら警告をする「前方衝突警告」。
前の車が発進しても、自車が止まっていると警告をする「発進遅れ警告」などがあります。

あくまでも運転支援を目的としたもので、事故を未然に防ぐ機能ではないので、注意してください。

マイクON/OFF機能

車内での会話や、音を記録したくないときは、録音機能を消すことができるものです。
実はこの機能を搭載したドライブレコーダーは少ないのです。

このようにみると、ドライブレコーダーとひとまとめに言っても色々な種類があることがわかりますね!

業者の方に取り付けてもらうこともできますが、頑張れば自分で取り付けることも可能です。
配線が面倒だな…失敗しそうだな…という方は、プロにお任せしちゃいましょう!

少しでも金額を抑えて設置したいなという方は、ご自身でつけてみるのもありですよ!

ドライブレコーダーの設置費用の比較についてはまた別の記事でまとめてみたいと思います!

電話バナー

メールでのお問合せはコチラ


-豆知識

今すぐ問い合わせる

Copyright© 廃車手続き無料 廃車買取のオートパーツ新居浜 , 2021 All Rights Reserved.